最新の食

ビル

多様な食文化・豊前のご当地グルメ

現在も豊前の名前が残る地域ですが、明治以前には豊前の国と呼ばれており、北九州の東側や田川に京築地方の全域までがこの豊前の国でした。豊前の特徴としては海に面しており、源平の戦いや宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘が行われた、巌流島のある玄界灘や関門海峡が有名で、本州の玄関口とも言える地域性でしょう。フグ料理が名産でバナナのたたき売りが発祥の地のほか、焼きうどんやお好み焼きの原型となる一銭洋食、焼きカレーなどの食文化もこの地域が発祥の地です。海に面している為に魚が豊富で、ワタリガニやカキなどの海産物も、豊富に取れるのがグルメには嬉しいところでしょう。山側では、日本で秋吉台に次ぐ規模のカルスト台地秋吉台があり、鍾乳洞は真夏の涼をとるのには最適な場所です。また小倉はヌカ炊きで有名で、イワシやサバなどの青魚と一緒に炊くぬかみそ炊きは、じんだ煮とも呼ばれ、ご飯のお供には最適なおかずになり、お酒の肴としても非常に優秀な料理です。

ビル

当社のサービス一覧

食と睡眠の関係・寝る事の重要性

日本料理・食ユネスコの無形文化遺産

食のライフスタイル・自炊生活の良さ

多様な食文化・豊前のご当地グルメ